日商簿記

簿記 言語辞典【用語解説】

簿記に使われている用語って漢字ばっかりでむずかしそうなイメージでは? 

ここではそんな簿記で使用される用語をまとめてみました。

簿記 言語辞典【用語解説】

目次
/ / / / / / / / /

あ行

売上(うりあげ) 収益の勘定科目です。
売掛金
(うりかけきん)
後で代金を受け取る、資産の勘定科目です。
売上戻り
(うりあげもどり)
売り上げた商品が返品される事です。
売上諸掛り
(うりあげしょがかり)
売上げた商品を発送するときに、掛かった運送会社に支払う運賃や保険料の事です。
受取手形
(うけとりてがた)
約束手形を受け取った時に用いる、資産の勘定科目です。
受取人(うけとりにん) 約束手形を受け取った人です。
受取利息
(うけとりりそく)
貸付で発生すし受け取る事のできる利息、収益の勘定科目です。
内金(うちきん) 商品代金の一部を前払いした時のお金です。
預り金(あずかりきん) 従業員から源泉徴収税額としてお給料の中から現金を預かった時の負債の勘定科目です。
受取商品券
(うけとりしょうひんけん)
商品代金を商品券で受け取った時の資産の勘定科目です。

か行

勘定科目
(かんじょうかもく)
仕訳の際に解りやすく簡単にした用語です。
借方(かりかた) 左側(増える時に記入します)
貸方(かしかた) 右側(減る時に記入します)
勘定口座
(かんじょうこうざ)
勘定科目ごとに金額を集計する表です。
現金(げんきん) 資産の勘定科目です。
繰越商品
(くりこししょうひん)
前月からの繰り越し商品、資産の勘定科目です。
掛け(かけ) 商品の代金を後で支払う、売り上げの場合は代金を後で受け取る。
買掛金(かいかけきん) 後で代金の支払いをする、負債の勘定科目です。
クレジット売掛金
(くれじっとうりかけきん)
代金の支払いがクレジットで行われ後で代金を受けられる、資産の勘定科目です。
小切手(こぎって) 現金に代わる支払い手段です。
現金過不足
(げんきんかぶそく)
現金の実際有高が帳簿残高と一致しない時に使用する勘定科目です
決算(けっさん) 会社のもうけを計算する
決算手続き
(けっさんてつづき)
会社のもうけを計算する
決算日(けっさんび) 会社のもうけを計算する締め日です。
決算整理
(けっさんせいり)
会計期間の取引を確認して修正する作業です。
借越限度額
(かりこしげんどがく)
当座借越契約で定めた借越が出来る限度額です。
小口現金
(こぐちげんきん)
日々の細かな支出の為に手元に置いておく現金のことです。資産の勘定科目です。
小口現金係
(こぐちげんきんかかり)
経理よら日々の支出の為に現金を預かっておく係です。
貸付け(かしつけ) お金を貸す事です。
貸付金(かしつけきん) 貸付けを行った時の、資産の勘定科目です。
借入れ(かりいれ) お金を借りる事です。
借入金(かりいれきん) 借入れを行った時の負債の勘定科目です。
概算額(がいさんがく) 支払い内容や金額が未定の時に前渡ししておくお金です。
仮払金(かりばらいきん) 概算額を前渡しした時の資産の勘定科目です。
仮受金(かりうけきん) 内容不明の入金があった時の負債の勘定科目です。
源泉徴収税額(げんせんちょうしゅうぜいがく) お給料から天引きされた所得税額です。

さ行

損益計算書
(そんえきけいさんしょ)
会社がいくら使ってもうけたか、または損をしたかをという状況を明らかにした表です。
仕訳(しわけ) 勘定科目を使って取引を記録する手段です。
資産(しさん) 現金や預金や土地など、一般的に財産とされるものです。
資本・純資産
(しほん・じゅんしさん)
株主などから出資された、会社の元手となるものです。
収益(しゅうえき) 銀行にお金を預けて増える利息や、売り上げなど資産が増える事です。
商品売買益
(しょうひんばいばいえき)
分記法の時使われる収益の勘定科目です、仕訳のルールとして、左側の合計と右側の合計金額は必ず一致させる時に使います。
三分法(さんぶんほう) 商品売買について、仕入(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)、の3つの勘定科目で処理する方法です。
商品(しょうひん) 資産の勘定科目です。
仕入(しいれ) 費用の勘定科目です。
仕入戻し(しいれもどし) 仕入れた商品を返品する事です。
仕入諸掛り
(しいれしょがかり)
商品を仕入れる時に掛かった運送会社に支払う運賃や保険料のことです。
送金小切手
(そうきんこぎって)
送金手段として銀行が降り出す小切手です。
雑損(ざっそん) 勘定科目に該当しない、こまかいさまざまな損失です。
雑益(ざつえき) 勘定科目に該当しまい、こまかいさまざまな収益です。
自己振出小切手
(じこふりだしこぎって)
自分で金額を記入した小切手です。
支払手形
(しはらいてがた)
約束手形を振り出した時に用いる、負債の勘定科目です。
債務者請求方式
(さいむしゃせいきゅうほうしき)
債務者側(買掛金などがある側)が、発生記録の請求を行う事によって電子記録債権が発生する方式です。
債権者請求方式
(さいけんしゃせいきゅうほうしき)
債権者側(売掛金などがある側)が発生記録の請求を行う事によって電子記録債権が発生する方式、一定期間内に債務者の承諾が必要です。
支払利息
(しはらいりそく)
借入を行った時に発生する支払う利息、費用の勘定科目です。
差入保証金
(さしいれほしょうきん)
店舗などを賃借する時に支払った保証金や敷金です。
退去後帰ってくるので、資産の勘定科目です。

た行

取引(とりひき) 日々会社が行った行動です。
貸借対照表
(たいしゃくたいしょうひょう)
現金や預金や借金などがいくらあるか、会社の財政状況を明らかにした表です。
転記(てんき) 仕訳から勘定口座に記入する事です。
取引運賃
(とりひきうんちん)
商品の仕入れの際に掛かった配送料金です。
当社負担
(とうしゃふたん)
当社の費用として処理することです。
他人振出小切手
(たにんふりだしこぎって)
他人が金額を記入した小切手です。
通貨代用証券
(つうかだいようしょうけん)

金融機関でいつでも現金と交換でき、また、支払手段として他人に譲り渡すことができるものです。

帳簿残高
(ちょうぼざんだか)
帳簿において、計算上あるべき現金金額です。
実際有高
(じっさいありだか)
金庫やお財布に実際にある現金の金額です。
通信費(つうしんひ) 電話代金や郵便切手などです。費用の勘定科目です。
定期預金(ていきよきん) 原則として満期時のみ引き出し可能な口座です、資産の勘定科目
当座預金(とうざよきん) 預金の一種で引き出す時は小切手を用いる、資産の勘定科目です。
当座借越
(とうざかりこし)
当座預金残高を越えて当座預金を引き出す事です。
当座借越契約
(とうざかりこしけいやく)
銀行と契約を結ぶと、一定額まで当座預金の残高を越えて当座預金を引き出す事ができます。
定額資金前渡法(ていがくしきんまえわたしほう) 一定の小口現金を前渡ししておく事(インプレスト・システム)
電子記録債権
(でんしきろくさいけん)
債権者請求方式で発生記録を行った時の、資産の勘定科目です。
電子記録債務
(でんしきろくさいむ)
債務者請求方式で発生記録を行った時の、負債の勘定科目です。
手形貸付金
(てがたかしつけきん)
貸付を約束手形で受け取った時の資産の勘定科目です。
手形借入金
(てがたかりいれきん) 
借入を約束手形を渡して行ったときの負債の勘定科目です。
立替金(たてかえきん) 現金を立て替えた時の資産の勘定科目です。

な行

項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

は行

簿記(ぼき) 日々の取引を記録する手段です。
負債(ふさい) いわゆる借金です。
費用(ひよう) 水光熱や家賃など会社を運営する為に必要な支出です。
分記法(ぶんきほう) 商品売買について商品(資産)と商品売買(収益)で処理する方法
振り出す(ふりだす) 小切手に金額などを記入して相手に渡す事です。
普通預金(ふつうよきん) 自由に預け入れや引き出しが出来る口座です、資産の勘定科目
振出人(ふりだしにん) 約束手形を振り出した人です。

ま行

未払金(みばらいきん) 商品以外の物を後払いで購入した時の、負債の勘定科目です。
未収入金
(みしゅうにゅうきん)
商品以外の物を後払いで売却した時の、資産の勘定科目です
前払金(まえばらいきん) 商品料金の一部を前払いした時の資産の勘定科目です。
前受金(まえうけきん) 商品料金の一部を内金として受け取った時の負債の勘定科目です。
項目名 ここに説明文を入力してください。

や行

郵便為替証書
(ゆうびんかわせしょうしょ)
送金手段として郵便局で取り扱うものです。
約束手形
(やくそくてがた)
いつまでにいくら払うかを記入した証券
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

ら行

利益(りえき) もうけです。
旅費交通費
(りょひこうつうひ)
交通費や宿泊費など費用の勘定科目です。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。