日商簿記

簿記で1年ごとにやること 作業内容

簿記で1年ごとにやること 作業内容

ここでは簿記で1年ごとにやることを、簡単に説明していきます。
毎日コツコツ記載した仕分による総勘定元帳を毎月試算表でチェックして最後に1年ごとに損益計算書(そんえきけいさんしょ)貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)という書類を作成して会社の年間利益を出したり税金の計算に利用します。

その為には初めに決算整理の手続きを行います。
今年度の利益を正しく知る為に、
決算整理では今年度計上する物と来年度計上する物を整理します
そして決算整理の後損益計算書、貸借対照表を作成します
今年度を締め切ります。