日商簿記

簿記で毎日やること 商品仕入れ、販売編

簿記で毎日やること

ここでは簿記で毎日やることを簡単に説明していきます。
会社では毎日いろいろな取引が行われおり、それにより収入や支出が日々繰り返されてます このような会社の取引をメモしておく必要があります。

このメモをする手段を簿記では仕訳(しわけ)といいます。

例えば、「100円の商品を売って現金を受けとる」
という取引が行われた場合の仕分

勘定科目ごとに金額を集計する表を

取引 100円の商品を売って現金を受けとる
仕訳
(現金)100(売上)100
仕訳には日付順に金額をメモします。

仕訳を行ったら次に総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)という帳簿に転記します。
総勘定元帳には「現金」「売上」と項目ごとに金額をメモします。

このように「仕訳」→「転記」を、取引が発生する度に毎日行います。

仕訳とは?基本

簿記では勘定科目(かんじょうかもく)金額を使って仕訳を行います。
仕訳には1つの取引を2つに分けて記入するというルールがあります。

取引 商品(売り物)100円分を買いお金を100円支払う

(商品)  100  (現金)  100

増えたら左側、減ったら右側に記入するというルールがあります。
今回の場合商品を購入して商品が増えたので商品は左側
支払いをして現金は減ったので右側へと1つの取引を2つに分けて記入します。

商品も現金も会社の資産になります。
資産(商品)が増えたので借方左側
資産(現金)が減ったので貸方右側

勘定科目は5つの要素に分類されます

資産 現金、預金、土地、など一般的に財産とされる物は、資産として分類されます。 増えたら左側
減ったら右側
負債 銀行からの借り入れなど後日支払いを行う物を負債として分類されます。 増えたら右側
減ったら左側
資本
(純資産)
会社を開業するにあたって、株主等から会社が活動する為の元手(お金)を出資してもらいます。この会社の元手となる物は、資本(純資産)に分類されます。 増えたら右側
減ったら左側
収益 売上などで、資産が増える原因となる物は、収益に分類されます。 増えたら右側
減ったら左側
費用 会社が活動する為に必要な支出は費用に分類されます。 増えたら左側
減ったら右側
負債は資産と逆の考え方になります
増えるといわゆる借金なので右側
減ると借金が少なくなるので左側

このように会社の利益が増える項目は左側に記入
逆に利益が減る項目は右側に記入します。

仕訳けの左側合計と右側合計について

仕訳のルールとして、左側の合計と右側の合計金額は
必ず一致するというルールがあります。

借方と貸方

これまで「左側」「右側」と表現してきましたが、簿記では下記のように言います。
左側=借方(かりかた)
右側=貸方(かしかた)

勘定科目ごとに以下の表に集計します。
勘定科目ごとに金額を集計する表を勘定口座といい
仕訳から勘定口座に記入する事を転記といいます。


あんずはお洋服屋さんをはじめました。
なにより先ずは商品となる仕入れを行います。

商品を購入した時の仕訳(分記法)

取引 問屋さんから商品を1000円で仕入れて、代金は現金で支払った
商品を仕入れるので、お店の商品(資産)が増えます。
現金で支払ったのでお店の現金(資産)が減ります。
増えたら借方左側、減ったら貸方右側
この仕訳のルールを踏まえて記入すると下記の通りになります。

(商 品)1000  (現 金) 1000

商品を売った時の仕訳(分記法)

取引 仕入れた商品を1500円で売り、代金は現金で受け取る
商品を販売したので、お店の商品(資産)が減ります。
現金で受け取ったのでお店の現金(資産)が増えます。

(現 金) 1500  (商 品) 1000

このままでは仕訳のルールとして、左側の合計と右側の合計金額は
必ず一致するというルールがあります。
この差額は商品を販売した事により収益が発生した為におこる差額で
この500円は商品売買益という収益の勘定科目として処理します。

(現 金) 1500  (商 品)   1000

            (商品売買益) 500

今回商品(資産)が増える、または商品(資産)が減るで
商品を仕入れた時の金額で処理しました。
このままでは収益が発生した時に左側の合計と右側の合計金額に差額が生まれるのでその差額(収益)を商品売買益で処理しました このように商品(資産)を商品売買益(収益)で処理する方法を分記法(ぶんきほう)といいます。

商品を購入した時の仕訳(三分法)

同じ取引を今度は三分法で仕訳してみましょう。
三分法とは、仕入(費用)、売上(収益)、繰越商品(資産)の3つの勘定科目によって処理を行います。
取引 問屋さんから商品を1000円で仕入れて、代金は現金で支払った
三分法では、商品を仕入れた時は、仕入(費用)の勘定科目で処理します。

(仕 入) 1000  (現 金) 1000

商品を売った時の仕訳(三分法)

取引 仕入れた商品を1500円で売り、代金は現金で受け取る
三分法では、商品を売り上げたた時売上(収益)の勘定科目で処理します。

(現 金) 1500  (売 上) 1500

分記法では収益が発生した場合、商品売買益を追加で記入しないと左側の合計と右側の合計金額に差額が生まれましたが、三分法では勘定科目の項目でうまく1つに纏める事ができるので、簿記では主に三分法が利用されています。

掛けで仕入れた時の仕訳

お店を開業し商品の仕入れを頻繁に行う場合毎回商品の支払いを行うのではなく、一定期間(1か月など)ごとに纏めて支払いをする事もあります 
この後で支払いをする事を掛けといいます。
後で商品代金を支払う場合、勘定科目で買掛金(負債)といいます。
取引 仕入れ1000円を掛けで購入しました
掛けで仕入れを行うと、買掛金(負債)が増えるので貸方右側に記入します。

(仕 入) 1000  (買 掛 金)  1000

取引 買掛金を現金で1000円支払いました
買掛金(負債)を支払うと
負債がなくなるので買掛金(負債)借方左側に記入します
現金(資産)が減ったので貸方右側に記入します。

(買 掛 金) 1000  (現 金) 1000

掛けで売り上げた時の仕訳

仕入れの掛けだけではなく、売り上げも纏めて受け取る事もありますこのことを勘定科目で売掛金(資産)といいます
取引 掛けで1000円の商品を売りました
掛けで商品を売り上げた時は
売掛金(資産)が増えるので借方左側に記入します。

(売 掛 金) 1000  (売 上) 1000

取引 売掛金1000円を現金で受け取る
売掛金を受け取ると
売掛金(資産)が減るので貸方右側に記入します
現金(資産)が増えるので借方左側に記入します。

(現 金) 1000  (売 掛 金) 1000

クレジットで商品を売った時の仕訳

商品を販売する時、必ずしも現金での取引とは限りません
キャッシュレス時代のこれからはクレジット払いも増えるでしょう
クレジット払いの場合後で代金を受け取る事ができます
勘定項目はクレジット売掛金(資産)となります。
信販会社への手数料2%は勘定科目で支払手数料(費用)となります。
取引 商品1000円をクレジット払いで販売。信販会社への手数料2%も発生するので販売時に計上する。
クレジットで販売した時も、掛けで販売した時と同様で
クレジット売掛金(資産)が増えるので 借方左側に記入します。
信販会社への手数料2%支払手数料(費用)も増えるので 借方左側に記入します。
支払手数料を追加する事で、仕訳のルールとして、左側の合計と右側の合計金額は
必ず一致するというルールをクリアーできます。

(クレジット売掛金) 980  (売 上) 1000

(支払手数料)     20

取引 信販会社から手数料2%を差し引いた商品代金980円が振り込まれる
信販会社から商品代金が入金されると
クレジット売掛金(資産)が減るので 貸方右側に記入します。
入金されて現金が増えるので 借方左側に記入します。

(現 金) 980  (クレジット売掛金) 980

商品の返品があった時の仕訳

取引を複数回行っていると、残念ながら返品も発生します
そんな時の仕訳をみていきましょう。
取引 仕入れた商品1000円を返品する
仕入れた商品を不備により返品する事を仕入戻しといいます。
仕入戻しを行った時は仕入れを無かった事にしなければなりません

仕入れた時の仕訳

(仕 入)1000  (現 金) 1000

仕入れの取り消し

(現 金) 1000  (仕 入)1000

仕入れた時の仕訳と逆に記入する事でこの取引は取り消す事ができます。

取引 仕入れた商品1000円から100円分の商品だけを返品します
纏めて仕入れた場合全てでは無く1部だけ返品する事もあります

仕入れた時の仕訳

(仕 入)1000  (現 金) 1000

仕入れの取り消し

(現 金) 100  (仕 入)100

100円分だけの取引を取り消す事ができます。

売り上げた商品の返品が行われる事もあります
1度売り上げた商品が返品される事を売上戻りといいます。
この時も同様の手順で売り上げを取り消します
取引 売り上げた商品1000円の商品の返品を受ける

売り上げた時の仕訳

(現 金)1000  (売 上) 1000

売上の取り消し

(売 上) 1000  (現 金)1000

売り上げた時の仕訳と逆に記入する事でこの取引は取り消す事ができます。

取引 売り上げた商品1000円から100円分だけ返品を受ける

売り上げた時の仕訳

(現 金)1000  (売 上) 1000

売上の取り消し

(売 上) 100  (現 金)100

100円分だけの取引を取り消す事ができます。

仕入諸掛り/売上諸掛り(当社負担)の仕訳

仕入れた商品を配送してもらう事にしました 
商品の仕入れに対して掛かった送料や保険料の事を仕入諸掛りといいます。
仕入諸掛りは商品の仕入れにかかった費用なので商品の仕入れ原価に含めて処理します。
取引 商品を1000円分仕入れ代金は掛けとしました、送料100円は現金で支払いました。

(仕入) 1100  (買 掛 金) 1000

           (現 金)    100

売り上げた商品を配送する事にしました
売り上げた商品にかかる送料や保険料の事を売上諸掛りといいます。
配送料を当社が負担した場合は、発送費として処理します。
取引 商品1000円の代金は掛けで売り上げて、送料100円は現金で支払った

(売 掛 金) 1000  (売 上) 1000

(発 送 費)  100  (現 金)  100  

簿記で毎日やること 現金処理編簿記では紙幣や硬貨以外にも現金として処理する事があります ここではその処理に仕方を解説していきます...