日商簿記

簿記で毎日やること 内金、立替金編

ここでは前払金、前受け金、仮払金、借受金、立替について解説していきます

前払金と前受金の仕訳

取引 商品1000円を注文し、内金として200円を現金で支払った
内金として料金の一部を支払うと、後で商品が受け取れる権利が発生します
その権利を前払金(資産)として処理します
前払金(資産)が増えたので借方左側記入します。
現金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(前 払 金) 1000  (現 金) 200

取引 商品1000円の注文を受けて支払いは内金として200円現金で受け取った
商品の内金を受け取ると後で商品を渡さなければいけない義務が発生します
その義務を前受金(負債)として処理します
現金(資産)が増えたので借方左側記入します。
前受金(負債)が増えたので貸方右側記入します。

(現 金) 200  (前 受 金) 200

仮払金と仮受金の仕訳

会社を運営していると、いくらかかるか解らない時に予想額を多めに渡す事(概算額)があります そんな時の仕訳を見ていきましょう
取引 従業員の出長の為に旅費交通費の概算額1000円を現金で前渡しをした
概算額を前渡しした時は仮払金(資産)で処理します
仮払金(資産)が増えたので借方左側記入します。
現金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(仮 払 金) 1000  (現 金) 1000

概算額は支払い内容が確定するまでは、交通費などに使用する予定であっても仮払金で処理します

取引 概算額1000円の内、旅費交通費に800円使用し残金200円を現金で受け取った。
支払いの内容と金額が確定したら仮払金(資産)を該当する勘定科目で処理します
今回は旅費交通費に使用したので
仮払金が旅費交通費(費用)に訂正借方左側記入します。
現金(資産)が帰ってきたので借方左側記入します。
仮払金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(旅費交通費) 800  (仮 払 金) 1000

(現 金)   200

取引 内容不明の入金が当座預金に1000円ありました
内容不明の入金があった場合は、仮受金(負債)で処理します
当座預金(資産)が増えたので借方左側記入します。
仮受金(負債)が増えたので貸方右側記入します。

(当 座 預 金) 1000  (仮 受 金) 1000

取引 内容不明金1000円が売掛金を回収したと判明しました
内容不明金が判明したら仮受金(負債)を該当する勘定科目で処理します
今回は売掛金でした
仮受金(負債)が減ったので借方左側記入します。
売掛金を回収して権利が無くなったので貸方右側記入します。

(仮 受 金) 1000  (売 掛 金)1000

立替金の仕訳

取引 商品1000円を掛けで仕入れて、引取運賃(先方負担)100円を立て替えて現金で支払った
先方が支払う運賃などを先に現金で立て替えた時は立替金(資産)で処理します。
仕入(費用)が増えたので借方左側記入します。
立替金(資産)が増えたので借方左側記入します。
買掛金(負債)が増えたので貸方右側記入します。
現金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(仕 入)  1000  (買 掛 金) 1000

(立 替 金) 100  (現 金)    100

仕入諸掛りの処理

誰が負担するのか? 処理
当社(仕入側) 仕入れの原価に含めます
先方(売上側) 立替金(資産)または買掛金と相殺します
取引 商品1500円を売り上げ代金は掛けとした、発送運賃(先方負担)は現金100円を立て替えて支払った4
売掛金も立替金も後で受け取る事が出来るので立替金を売掛金に含めて処理します
売掛金(資産)が増えたので借方左側記入します。
売上(収益)をまだ受けとって無いので貸方右側記入します。
現金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(売 掛 金) 1600  (売 上) 1500

              (現 金) 100

売上諸掛りの処理

誰が負担するのか? 処理
当社(売上側) 発送費(費用)
先方(仕入側) 売掛金に含めます
取引 従業員が負担すべき保険料400円を現金で立て替えた
従業員が支払うべき料金を立て替えた場合は従業員立替金(資産)で処理します
従業員立替金(資産)後で受け取る権利が発生したので借方左側記入します。
現金(資産)が減ったので貸方右側記入します。

(従業員立替金)  400  (現 金) 400