はじめてのSQL

AND演算子とOR演算子

WHERE句では複数の条件を指定したい場合論理演算子を使い複数の条件式を組み合わせる事が出来ます

AND演算子

複数の条件式を組み合わせたい時はAND演算子とOR演算子を使います

2つの条件式の両方が真の場合だけ真 (AかつB)
WHERE   (条件式1)AND(条件式2)

例えば下記のお買い物テーブルで販売店さがみの価格だけを変更するとします
その場合はWHERE句に「豚肉」かつ「販売店 さがみ」と指定する事でさがみだけを変更する事ができます

お買い物テーブル
カテゴリー名称販売店価格
食品豚肉まる得678
食品豚肉さがみ1080
日用品トイレットペーパーセーバー325
文具ノート156
日用品食器洗剤デンロク234

UPDATE お買い物
SET   価格 = 980
WHERE 名称 = 豚肉 AND 販売店 = さがみ

変更結果
お買い物テーブル
カテゴリー名称販売店価格
食品豚肉まる得678
食品豚肉さがみ980
日用品トイレットペーパーセーバー325
文具ノート156
日用品食器洗剤デンロク234

OR演算子

2つの条件式のどちらかが真なら真 (AまたはB)
WHERE   (条件式1)OR(条件式2)

次にどちらか1つの条件が当てはまる場合を検索してみましょう
下記の従業員テーブルを使って年齢35歳または年収900万の人を検索してみましょう

従業員テーブル
社員番号名前性別年齢年収
01山田 太郎35600万
02梅田 花子40550万
03大阪 一郎55900万
04関西 次郎30560万
05福島 花実50700万

SELECT社員名
FROM従業員
WHERE 年齢 = 35 OR 年収 = 900

検索結果
従業員テーブル
社員番号名前性別年齢年収
01山田 太郎35600万
03大阪 一郎55900万